プロ並みに歌が上手くなるたった一つの行動とは?プロと素人との大きな違い4つを紹介

プロ並みに歌が上手くなる方法


プロ並みに歌がうまくなるのは、決して簡単なことではありません。かなりの努力が必要です。

それでもプロ並みに歌が上手くなりたい、と本気で考えている人のために、現役音大生の筆者が、プロ並みに歌がうまくなるために必要なことを特別に教えます。

本記事を読めば、あなたも今日からプロに向けて行動することができるでしょう。

10秒で分かる本記事のまとめ
  • 素人とプロの違いは4つ!まずは何が違うのかを知ることが大切
  • 独学でプロ並みに上手くなるのは困難。ボイトレ教室に通うのが一番の近道!
  • プロ並みに歌が上手くなりたいなら、シアーミュージックが一番!

シアーミュージックはプロオーディションを受けられるサポートつき!!

シアーミュージック

入会金無料キャンペーン中!/

【必読!】プロ並みに歌が上手くなるためにおすすめの行動

プロになりたいと考えている人は、ボイトレ教室に通うことは必須です。なぜなら、独学でプロを目指すのはかなり厳しいからです。

ボイトレ教室なら、プロ並みに歌が上手くなるために必要なことを順序立てて教えてくれます。

例えば、ビブラートやこぶしなどのテクニックはもちろん、表現力の付け方などを教えてくれます。絶対に独学では手に入れれなかったテクニックや技術を学ぶことができるので、プロ並みの歌声に近づけます。

プロ並みに歌が上手くなりたいなら、まずはボイトレ教室に通うことから始めるようにしましょう。

【素人とプロの違い】プロ並みに歌が上手くなるために必要なこと

プロの歌には、素人にはない魅力や技術がたくさん詰まっています。

そこで、プロ並みに歌がうまくなるには素人とプロの違いが何かを明確にすることが大切です。

素人とプロの違いは、主に以下の4つです。

プロ並みに歌が上手くなるために必要なこと
  • 人を魅了させる表現力
  • 迫力のある声量
  • 安定感のある音程・リズム
  • 低い声から高い声まで幅広い音域

人を魅了させる表現力

支配人

感動する歌手は表現力が豊かです!

ただ音程が合っているだけでは歌はうまく聞こえません。聞く人を魅了し、感動してもらうためには表現力は必須です。

プロと素人では、歌の表現力が圧倒的に違います。プロ並みに歌がうまくなりたいなら、表現力を身につけることを意識しましょう。

もちろん、人を魅了できるレベルの表現力は自然と身につくものではありません。正しいトレーニングを積む必要があります。

表現力の改善方法は本記事後半で紹介しています。

↓早く読みたい人はこちらからチェック↓
人を魅了させる表現力を手に入れる方法

迫力のある声量

支配人

声量もプロ並みに上手くなるためには大切な要素。トレーニングを重ねましょう!

声量も、素人とプロとで顕著に違いが出る部分です。

人を魅了できるプロ歌手は、みんな声量に迫力があります。それだけ、声量は歌を歌う上で大切な要素ということです。

そのため、プロ並みに歌がうまくなるためには、迫力のある声量を身につける必要があります。

迫力のある声量になるための改善方法は、本記事後半で紹介しています。

↓早く読みたい人はこちらからチェック↓
迫力のある声量を手に入れる方法

安定感のある音程・リズム

支配人

音程やリズムの安定感は命です。

プロの歌手で音程やリズム感が音痴な人は一人もいません。

プロ並みに歌がうまくなりたいなら、安定感のある音程やリズムで歌えるようになることは必要不可欠です。

それだけでなく、1時間以上あるライブ中でも喉を壊さず、音程を安定させ続けること大切になってきます。音程やリズムを安定させ続けるためには、かなりの特訓が必要です。

音程やリズムの具体的な改善方法は、本記事後半で紹介しています。

↓早く読みたい人はこちらからチェック↓
安定感のある音程・リズム

低い声から高い声まで幅広い音域

支配人

高い音が出にくいと歌手にはなれません。音域は広げる努力をしましょう!

プロの歌手は、低い声から高い声までしっかり発声できるように血のにじむような努力をしています。

なぜなら、音域は音楽の可能性に直結するからです。

人は、音程が低いと安心感を、音程が上がると高揚感を感じます。そのため、多くの曲はAメロ→Bメロ→サビと進むにつれて高音が登場し、音域が広くなっていくのが特徴です。

サビに入って一番盛り上がっているときに高音が出なければ、人を魅了することはできません。プロ並みに歌がうまくなるには、音域を広げることは必須です。

音域についての具体的な改善方法は、本記事後半で紹介しています。

↓早く読みたい人は、こちらからチェック↓
低い声から高い声まで幅広い音域を手に入れる方法

プロ並みに歌が上手くなるための練習方法

素人とプロの違いが明確になれば、1つ1つ改善していくことが大切です。

プロ並みに歌がうまくなるための改善方法は、以下の通りです。

プロ並みに歌が上手くなるための練習方法
  • 人を魅了させる表現力を手に入れる方法
  • 迫力のある声量を手に入れる方法
  • 低い声から高い声まで幅広い音域を手に入れる方法
  • 安定感のある音程・リズム

人を魅了させる表現力を手に入れる方法

人を魅了できる表現力を身につけるためには、まずは抑揚を身につけることが大切です。

抑揚がなければ、棒読みのような歌になってしまいます。そのため、どれだけいい歌詞の歌でも、抑揚がなければ人を魅了することはできません。抑揚は必ず身につけるようにしましょう。

下記の記事では、抑揚のつけ方を3ステップで解説しています。抑揚の付け方についてもっと詳しく知りたいと思った人は是非チェックしてみてください。

迫力のある声量を手に入れる方法

迫力のある声量を習得するためには、お腹から声を出す方法を身につける必要があります。これを「腹式発声」といいます。

胸と違い、お腹には呼吸の邪魔になる骨がありません。そのため、より多くの空気を体内に取り入れることが可能になります。

迫力ある声量を獲得したいなら腹式呼吸は身につけるようにしましょう。

ちなみに、普段私たちは胸で呼吸をしています。これを「胸式呼吸」といいます。

下記の記事では、正しい腹式呼吸の身につけ方を解説しています。気になった人は是非チェックしてみてください。

低い声から高い声まで幅広い音域を手に入れる方法


音域を幅を広げるには、「声帯閉鎖」の感覚を身につける必要があります。なぜなら、声帯閉鎖を身につけると高音が出しやすくなり、声が枯れにくくなるからです。

ただ、独学で身につけるのはかなり困難です。実際に、

「どれだけ練習しても高音が出ない・・・」

と悩んでいる人の多くが、声帯閉鎖を理解できていないことが原因となっています。

下記の記事では、正しい声帯閉鎖の方法や音域を広げるための方法を紹介しています。気になった人は是非チェックしてみてください。

安定感のある音程・リズム

安定感のある音程やリズムで歌えるようになるためには、しっかりと耳を鍛えることが大切です。歌いたい曲を何度も何度も聞き返し、体で覚えるようにしましょう。

この際、歌声だけではなくバックで流れている音源を聴くことが重要です。自分が歌うときに音源をイメージできるようになると、自然と音程やリズムが取れるようになってきます。

また、足や頭、体でリズムを刻みながら歌うことも効果的です。

それでも音程やリズムが取れないという人は、ボイトレ教室でプロのボイストレーナーに指導してもらうしかありません。一度レッスン担当の講師に相談するようにしましょう。

プロ並みに歌が上手くなるためにおすすめのボイトレ教室


プロ並みに歌がうまくなるためには、プロ志望の人を受け付けているボイトレ教室に通うことが大切です。

そこで、プロ志望の人を受け付けているボイトレ教室を2つ紹介します。

プロ並みに歌が上手くなるためにおすすめのボイトレ教室
  • シアーミュージック
  • VOAT

シアーミュージック

シアーミュージック

シアーミュージックは全国に95校舎あるため、地方の人でも通いやすいボイトレ教室です。

採用率5%と厳しい審査で選ばれたハイレベルな講師が、あなたの目的に合わせてレッスンしてくれます。

もちろん、「プロ並みに歌が上手くなりたい!」と講師に伝えれば、プロ並みにうまくなるために必要なカリキュラムを組んでくれます。そのため、他のボイトレ教室よりも早く目標達成できる可能性が広がります。

また、レコード会社直結なのでオーディションが充実しています。そのため、プロオーディションを受けて本格的にデビューしたいと考えている人にもおすすめのボイトレ教室です。

入会金無料キャンペーン中!/

VOAT

VOAT

VOATは、数々のプロを輩出しているプロ育成が得意なボイトレ教室です。

音楽業界からの信頼も厚く、大手レコード会社を相手に数々のオーディションを行なっています。オーディションの機会が多いボイトレ教室を探している人なら、VOATがおすすめです。

また、プロを育ててきた実績のある講師ばかりなので、プロ並みに歌がうまくなりたい人にももってこいのボイトレ教室となっています。

プロ並みに歌が上手くなる方法まとめ

プロ並みに歌がうまくなるためには、まずは素人とプロの違いを知ることが大切です。

その次に、1つ1つ改善していくことを考えることをおすすめします。

ただ、独学でプロ並みにうまくなるのは非常に困難です。本気で歌がうまくなりたいなら、ボイトレ教室に通ってプロのボイストレーナーに教えてもらいましょう。

プロ並みに歌がうまくなるためのボイトレ教室なら、大手レコード会社直結でプロオーディションが盛んなシアーミュージックがおすすめです。

今なら入会金が無料キャンペーン中なので、これを機に無料体験レッスンを受けてみてください。

無料体験レッスン受付中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

音楽高校を卒業し、現在は音楽大学に進学中。大学では、音楽理論やソルフェージュ、楽器演奏、発声方法など多岐にわたって学んでいる。音楽の知識を生かして、音痴改善に悩んでいる方に有益な情報を発信します。

コメント

コメントする

CAPTCHA