個人経営のボイトレ教室と大手のボイトレ教室はどっちがいい?個人のボイトレ教室のメリットや向いている人を解説

「個人のボイトレ教室と大手のボイトレ教室で迷っている」

「家の近くにある個人のボイトレ教室に通いたいけどどうかな?」

上記のように個人のボイトレ教室を検討しているけど実際どうなの?と不安や疑問を抱いていませんか?たしかに、ボイトレ教室は料金が安いわけではないので、選ぶのに慎重になりますよね。

迷っているなら体験レッスンに参加するのがおすすめです。個人のボイトレ教室も大手のボイトレ教室も無料で体験できる教室が多くあります。

無料体験レッスンに参加すれば、個人・大手どちらの良さも分かり、納得感をもって選べるはずです。体験レッスンに参加するだけでも歌を上手く歌うコツを知れるのでぜひ気軽に申し込んでみましょう

\無料でプロ講師のレッスンが受けられる!/

※無理な勧誘はされません。

個人経営のボイトレ教室と大手教室のボイトレ教室はどっちがいい?

「個人経営のボイトレ教室と大手ボイトレ教室はどっちがいいの?」という疑問に早速結論を話します。

結論、大手ボイトレ教室の方がおすすめです。大手ボイトレ教室の方がサポート体制がしっかりしており、スタジオにも清潔感がある可能性が高い傾向にあります。

ただ、個人のボイトレ教室も大手のボイトレ教室に負けないくらい素晴らしい教室はたくさんあります。また、個人のボイトレ教室の方が向いているという方もいます。

そのため、「個人のボイトレ教室がやめた方がいい」とは一概には言えません。まずは気になるボイトレ教室があるなら無料体験レッスンに参加するのが一番です。

個人経営のボイトレ教室のメリット

個人経営のボイトレ教室に通うメリットは主に3つあります。

  • 必ず同じ先生のレッスンが受けられる
  • コースなどを柔軟に対応してもらえる
  • 講師と仲良くなれる

それぞれ詳しく解説します。

必ず同じ先生のレッスンが受けられる

個人のボイトレ教室なら講師が1人のため必ず自分の習いたいと思っている先生のレッスンが受けられます。当然だと思うかもしれませんが、大手ボイトレ教室では、最初のレッスンから担当の講師が決まってしまうことが多いです。

体験レッスンで「この先生のレッスンをこれからも受けたい」と思ったらずっと受けられるのは個人のボイトレ教室ならではのメリットになります。

コースなどを柔軟に対応してもらえる

個人のボイトレ教室の講師は経営者兼講師のため決定権があります。そのため、大手ボイトレ教室よりも生徒の要望を受け入れてもらいやすいです。

例えば、20時が最終レッスンの個人経営のボイトレ教室に「どうしても21時以降からしかレッスンが受けれないから対応できないか?」と要望を伝えたら、柔軟に対応してくれる可能性があります。

これが大手のボイトレ教室なら、「すべての校舎で決まっているので」と言われて終わりです。

講師と仲良くなれる

個人経営のボイトレ教室は大手のボイトレ教室よりも講師と仲良くなりやすいです。なぜなら、大手のボイトレ教室は講師と受付スタッフが別なのに対して、個人経営のボイトレ教室はどちらも一緒だからです。

接している回数・時間が多いほうが仲良くなれる可能性は高まるのは当然です。仲良くなることができれば、レッスンが楽しくなります。また、プロの講師からさまざまな情報をもらえるかもしれません。

個人経営のボイトレ教室のデメリット

個人経営のボイトレ教室に通うデメリットは主に5つあります。

  • レッスンスタジオにワクワク感を感じない
  • 駅から遠くて通いにくい
  • 講師が少ないので好きな時間にレッスンが入れにくい
  • オーディションなどのイベントの開催がほぼない
  • サポート体制が足りない

それぞれ詳しく解説します。

レッスンスタジオにワクワク感を感じない

個人のボイトレ教室はマンションの一室を借りたり、レッスンスタジオを借りて行ったりするのが一般的です。防音や機材などはしっかりしている教室がほとんどですが、ワクワクするほどの豪華さはありません。

レッスンスタジオや待合室に清潔感があればレッスンのやる気が上がる方もいます。そのため、体験レッスンに参加して自分の感情がどうなるか確認してみるのがおすすめです。

スタジオは関係ないという方であればまったく気にする必要はないでしょう。

駅から遠くて通いにくい

個人のボイトレ教室は駅から遠くて通いにくい場所にある教室が多くあります。駅近だと家賃が高くなるため、個人経営のボイトレ教室はかなりきついと言えるでしょう。

そのため、駅から少し離れた場所に教室を構えている傾向です。車を持っている方であれば、あまり関係ないかもしれません。

講師が少ないので好きな時間にレッスンが入れにくい

個人経営のボイトレ教室の多くが講師は1人です。そのため、レッスン時間は取り合いになりやすい傾向にあります。担当制を設けていない大手ボイトレ教室なら自分の都合に合う講師を選べます。

オーディションなどのイベントの開催がほぼない

個人のボイトレ教室は芸能事務所と関わりの深さがない教室が多い傾向にあります。そのため、独自のオーディションは開催はありません。

大手ボイトレ教室であれば、その教室ならではの独自のオーディションが開催されたり、生徒と講師のライブイベントが開催されたりします。

少しでも多くのオーディションに参加したい方やボイトレ仲間を増やしたい方には個人経営のボイトレ教室は物足りないと感じるでしょう。

サポート体制が足りない

個人のボイトレ教室は大手ボイトレ教室と比べてサポート体制が足りていない傾向です。大手ボイトレ教室なら、レッスンスタジオを無料で貸し出ししていたり、楽器の貸し出しをしていたりさまざまなサポートがついています。

そのため、コスパで考えると大手のボイトレ教室の方がよいと思える可能性が高いです。

個人経営のボイトレ教室に向いている人は?(個人のデメリットを見て不安に感じた人)

個人経営のボイトレ教室に向いている人は下記に当てはまる人です。

  • 他の生徒たちとの交流が少ない方がいい人
  • イベント・オーディションに参加する必要がない人
  • こじんまりとしたボイトレ教室に通いたい人

個人経営に向いている人はまずは住んでいる地域にある教室の無料体験に参加してみましょう!

大手ボイトレ教室に向いている人は?

大手ボイトレ教室に向いている人は、「個人経営のボイトレ教室のデメリット」を見て、不安に感じた人です。多くの方は個人経営のボイトレ教室よりも大手ボイトレ教室の方が満足できます。

なぜなら、サポート体制も整っていたり、駅近で通いやすかったりするためです。大手のボイトレ教室なら多くの実績があるため、歌の上達のノウハウが溜まっています。

そのため、短期間で上達したい方には非常におすすめです。

個人のボイトレ教室で失敗しない選び方

個人のボイトレ教室に通いたいと考えている方は下記点に注意してボイトレ教室を選びましょう!

  • 清潔感のあるボイトレ教室を選ぶ
  • 実績のある講師であるか確認する
  • 料金の安いボイトレ教室にする

特に下2つが大切です。個人経営のボイトレ教室は講師の実力がないとそのボイトレ教室でレッスンを受ける意味はないと言ってもよいでしょう。

大手ボイトレ教室のように講師を選べないため、講師の実績は事前に調べておきましょう!

そして、料金の安さも重要です。個人のボイトレ教室はサポート体制が整っていないことが多いため、料金が高いと損をしてしまう可能性があります。

個人のボイトレ教室は各地域にあるので、しっかりと見極めて入会を検討しましょう!

ボイトレナビが大手ボイトレ教室をおすすめする理由

個人経営のボイトレ教室よりも大手ボイトレ教室をおすすめする理由は下記の3点です。

  • レッスン以外のサポートが受けられる
  • 清潔感があってモチベーションが上がる
  • 駅から近くで通いやすい

総合的にみれば圧倒的に大手ボイトレ教室の方が圧倒的にコスパがいいいです。料金も安く、実際のプロが使っている機材を使ってレコーディングできる教室もあります。

また、大手ボイトレ教室では無料でスタジオを借りれて自主練習をすることも可能です。家で大きな声が出せないという方にはかなり魅力的だと言えます。

おすすめのボイトレ教室を紹介!

シアーミュージック

個人経営・大手ボイトレ教室どちらも合わせて一番おすすめのボイトレ教室はシアーミュージックです。シアーミュージックはボイトレ業界で一番人気と言っても過言ではありません。

全国に98店舗以上展開しており、レッスン実績が豊富にあります。また、充実したサポート体制でありながら料金も安いです。

子供から大人までかなり幅広い年齢の方が通っており、さまざまな目的に対応したレッスンを行っています。まずは無料体験に参加して自分に合う確かめてみましょう!

\無料でプロ講師のレッスンが受けられる!/

※無理な勧誘はされません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学卒業後、中小のメーカーに就職。入社後1年半で退社し、WEBマーケティング企業へ入社。数年前音痴を治したいと思い、ボイトレ教室へ。ボイトレ教室で音痴を改善した経験を生かして情報を発信します。

コメント

コメントする

CAPTCHA